作成をする方法

オリジナルのホームページ作成をする2通りの方法

ホームページ作成は意外と簡単にできるものです。専用のソフトを使う以外にも、テンプレートを組み合わせて好みに近いホームページを作る方法がありますので、それぞれ自分に合った方法を使うと良いでしょう。

まず、何もかも自分の思い通りに作りたいのであれば、HTMLを使って作成していきましょう。手打ちとも言われる、ホームページの部品となる文書や画像の内容や配置を入力していく方法になります。この場合、メリットとして何もかも自分の思い通りにできる点があるものです。電子上の情報とはいえ、ハンドメイドの風合いが出る為、個人の好みや個性が色濃く反映されたホームページができあがります。

デメリットとしては、HTMLを上手に使えるようになる必要があります。HTMLは簡単に覚えられるものですが、使いこなすにはコツが必要です。特に慣れていない内は、正しい入力をしたはずなのに、想定した通りにホームページ作成ができないという事もあり、思い描いた通りのホームページ作成が中々できないものです。しかし、ゼロから作り上げたホームページは、テンプレートで作り上げたホームページに比べて見やすく、自然な雰囲気が得られます。

次に、ホームページ作成をとにかく簡単に素早くやりたいのであれば、ホームページ作成ソフトを使って作成していきましょう。HTMLにもホームページ作成ソフトがありますが、それは入力したHTMLをホームページとして表示するシミュレートしながら行うシンプルなものです。一方、ホームページ作成機能を多く搭載したソフトの場合は、多様なテンプレートから自分好みのものを選んで配置していくだけで簡単に高度なホームページが作成できます。

デメリットとしては、テンプレートが存在するホームページは無機質な印象になりがちで、いかにもホームページ作成ソフトを使って作ったという雰囲気があります。リンクが多く、読み込みが遅くなりがちで、HTMLを使うのに比べて思い通りの内容にはしにくくなります。その代わり、HTMLの知識が無い方でも綺麗なホームページを簡単に作れますので、ホームページ作成の労力は大幅に軽減されるものです。

このように、ホームページ作成には大きく分けて2つの方法があります。それぞれの方法にメリットとデメリットがありますので、自分が作りたいホームページの内容や雰囲気に合わせて使い分けると良いでしょう。どちらを選べば良いかわからない場合は、オリジナルの文章や画像を多用するなら、HTMLでより個性の出る作成をすると良いでしょう。オリジナリティを強調せず、スタイルの良い綺麗なホームページを作りたいのなら、ソフトを使うのがおすすめです。