作成にかかる費用

デザイン性の高いホームページ作成にかかる費用

デザイン性の高いホームページ作成を目指すのであれば、ある程度の費用がかかると考えて間違いありません。というのは、見出しなどに画像化したフォントを利用するのであれば、そのフォント代がかかったりするからです。無料のフォントも使えますが、デザイン性の高いフォントには有料のものが多いです。

また、素人がホームページ作成を行うより、プロに任せた方が理論的なデザインで作ることが出来て、結果として美しいサイトを作ることが出来るので、そうしたいのであれば外注のための費用もかかります。

ですがホームページ作成の費用をまったくかけなくても、時間と手間をかければ、プロが作ったデザインとほとんど変わらないものを作ることが可能です。どのような流れで作るのかというと、まず、無料のテンプレート素材を探し出します。テンプレートというのは、ウェブサイトの根本的なデザインの元になるもので、基本的にHTMLファイルとCSSファイルがセットになっています。ダミーとして文字が入っていますが、それらを書き換えていけばオリジナルのホームページ作成を行うことが出来ます。

では、テンプレートはどこで見つけられるのかというと、国内の素材サイトにもありますが、デザイン性の高いものを選ぶのであれば海外の素材サイトから見つけるようにした方がいいでしょう。というのは、プロのウェブデザイナーが自身の宣伝のために、あえて無料でテンプレート素材を登録していることが多いからです。

テンプレート素材を元にホームページ作成を行う場合の注意点ですが、必須となるのがHTMLとCSSの知識です。というのは、これらがないと、元のデザインを改変することが出来ないからです。テンプレート素材にそのまま文章を流し込んで公開するという方法も可能ですが、外国人が作ったテンプレートの場合、小さなフォントであっても漢字などに比べると読みやすいアルファベットを使うことを前提しているので、日本語を流し込んでしまうと、文字が小さすぎて読みにくくなってしまうのです。これを修正するためにはCSSで指定されているフォントサイズを変更する必要がありますが、知識がないとどこを変更すればフォントの大きさを変更出来るのかわかりません。

また、デザイン性の高いテンプレートほど、IDやCLASSなどが細かく割り振られたHTMLの構成になっているので、それらを読みこなすことが出来ないとうまくカスタマイズできません。