予算をかける

ホームページ作成を無料で作るのか、予算をかけるメリットはあるか?

自社ホームページ作成費用を浮かせるために、自分で作ろう、もしくは小器用な社員に作らせよう思ってはいないでしょうか。確かに今や、ホームページ作成は特殊技能ではありませんから、作成本を購入すれば作れないことはありません。本代だけで作成費用は無料。また、インターネット上で提供されているサービスを利用すれば、安価にきれいなホームページを作成することも可能です。

しかし、企業のホームページといえば、はじめてその会社を知る、いわば「初対面の顔」です。その「顔」をどのように見せたいかによって、作り方を考えるべきなのでしょう。
HTMLやCGIなどの言語をマスターして自社で作成することのメリットは、無料で作成できるだけでなく、更新も無料で行えることにあります。自社のオリジナルの情報を発信し、時期によって内容を変化させていきたい場合、社内でのホームページ作成・更新は非常に有利な方法となります。一方でデザイン性を追求したり、動的でユーザビリティの高い動作を求めることは難しいでしょう。

一般的に提供されているホームページ作成サービスを利用することもできます。それらには、あらかじめベーシックなデザインが備わっている場合が多いでしょう。システムが組み込まれ、ブログのように簡単な記事追加が可能で、更新性の高いサービスです。無料ではありませんが、比較的安価な費用でホームページ作成可能です。ある程度のデザイン性も維持できますし、入力フォームやアンケートフォームなどユーザー利便性の高いツールが使えるものもあります。但し、定型のフォーマット以外のページを設けるとこはできないでしょう。また、「どこかでみたような」そんな印象のホームページになってしまうことも避けられません。

専門会社にある程度のお金を支払って作るホームページには、それだけのメリットがあります。専門会社はまず企業のコンセプト、イメージ、方針、雰囲気などをききとります。そして、そのイメージにあわせたデザインを提供してくれるでしょう。まさに、「顔」となります。しかし、更新や修正・ページ追加の度に費用がかかることは避けられません。作った時は「まさにこの会社の顔」であったものも、更新が停滞すれば、その新鮮さは失われ、くすんだ顔となってしまうでしょう。

自社で作るホームページには、素人臭くも手作りの温かみを感じさせる顔があります。サービスを利用したホームページには、整理された情報発信をする顔があります。専門会社に依頼したホームページには、会社のオリジナリティと威厳を感じさせる顔があります。どんな顔を求めるか、選択はその考え方次第です。