作成ソフトを利用

ホームページ作成ソフトを利用することのメリットとデメリット

ホームページ作成はソフトウェアを利用すると簡単に出来ると言われますが、具体的にはどのようなソフトウェアを利用するのでしょうか。
これは、文字を入力した後にボタンなどをクリックすることで自動的にタグをつけて、ブラウザで表示されるのと同じように表示できるソフトです。ホームページ作成にはHTMLというマークアップ言語が必要ですが、これを普通のエディタで記述するには相応の知識が必要です。しかし、タグを自動で入力できるソフトを使えば、選択した文字を太字にするといったボタンをクリックすることで、太字にするためのタグが自動で入力され、実際に文字が太くなる、つまりビジュアル化されます。なので、HTMLを知らない人でも、簡単にホームページ作成が行えるというわけです。

では、こういったソフトを利用するメリット、そしてデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、メリットですが、先述したように、知識のない人でも簡単にサイトが作れるというのが一番です。また、ホームページ作成の知識がある人でも、タグを簡単に入力していけるので作成時間を短縮することが可能です。ソフト上でHTMLがビジュアル化されるので、わざわざ別にブラウザを起動しなくてもデザインを簡単に確認できるというのも大きなメリットでしょう。

それでは、デメリットにはどのようなものがあるかというと、HTMLが論理的な記述にならない、つまり、ルールとは違う記述になってしまうことがあるという点がまず挙げられます。

たとえば、HTMLのルールとして、文章の見出し、文字の強調、文字をただ大きく表示させる、これら三つはすべて別のものとして扱われますが、タグを入力すると見た目はまったく同じになることがあります。なので、本来は見出しのタグを利用すべきなのに、ただ、文字を大きくするだけのタグを入力してしまうということがあるのです。なぜこれがデメリットになってしまうのかというと、SEOの点で不利になってしまうからです。

では、ホームページ作成ソフトを利用した方がいいのか、それとも、HTMLを学んで自力で記述した方がいいのかという点ですが、初心者のうちはやはり、利用した方が便利でしょう。HTMLでは、どのようなことが出来るのかを簡単に知ることが出来るという点でもメリットがあるからです。

HTMLで出来ることがわかったら、状況に応じて普通のエディタとサイト作成プログラムを使い分けるといいでしょう。